ブログなどの個人サイトを開設した経験がある方は一度は聞いたことがある、「アフィリエイト広告」。
個人サイトを持っていない方でも多くの方が知っているこの手法ですが、実際どのような広告手段なのでしょうか?
 
「なんとなく聞いたことがあるけど、仕組みが分からない」「企業での運用方法は?」など、
広告の仕組みから運用まで、分かりやすく解説します。
 
 

1.アフィリエイト広告とは?

「アフィリエイト広告」とは、「成果報酬型広告」を指します。

 ネット広告は一般的に、広告枠に「掲載」されたり広告が「クリック」された時に広告費が発生しますが、

アフィリエイトは掲載だけでは広告費は発生しません。

これは、広告主が決めた成果(「購入完了」や「申し込み」など)が起こったときに、広告を掲載している媒体に成果報酬が発生する広告手段です。

他の広告手段に比べて、掲載主側のコストを抑えることができます!

仕組みを図にすると下のようになります。アフィリエイトサイトには、ブログ等の個人サイトのみならず、ポイントサイトなどの法人サイトも含まれます。

 
 
 
 

2.アフィリエイト広告を始めるには【広告主向け】

では実際に、広告主としてアフィリエイト広告を始めるには何をすればいいのでしょうか。
やるべきことは大きく2つです。
 

①広告の掲載先を探す

広告の掲載先をアフィリエイターと呼びます。ASP(後述)を利用すると、掲載数の少ない広告主でも300前後のアフィリエイターがつくことになります。
 

②成果がどのサイトでいつ、何件発生したかを正確に把握する

それぞれのアフィリエイターのサイトでいつ何件成果が出たかが正確に分からないと、アフィリエイト広告は成り立ちません。

 

これらの作業を自社で行おうとすると大変煩雑な作業が必要となるので、運用・管理の仕組みである

アフリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)を提供する会社を通してアフィリエイトを始めるのが一般的でしょう。

ただ、先ほど「アフィリエイト広告は広告主のコストが低い」と書きましたが、このようなプロバイダ会社に仕事を依頼するためのコストは別にかかるので注意が必要です。

 

 

3.アフィリエイト広告、3つのメリット


①費用対効果が高い

実際の売上・利益に貢献した成果のみに対して、広告主が自由に設定した金額の報酬を支払うため、

他の広告手段に比べて圧倒的に費用対効果が高いのが最大のメリットです。

先に述べたアフリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)に支払うコストさえ回収できれば、

費用対効果がマイナスになることはありません。

 

②広告出稿後に失敗するリスクが小さい

従来のマス広告では、いざお金をかけて広告を出しても予想より全然売れず、コストを回収できないことが多くありました。

これは、広告出稿先のユーザーのニーズと商品がミスマッチを起こしていることが原因の一つでした。

アフィリエイト広告では、ASPが仲介するパートナーサイトが自サイトとマッチした商品・サービスを紹介するため、広告出稿先のユーザーとのミスマッチが起こりにくいです。

 

③より多くのユーザーに商品・サービスを認知してもらえる

多くのアフィリエイターサイトと提携するにつれて、リインターネット上で認知が広がります。
そのため、アフィリエイトサイト経由以外からでも、直接商品やサービスを検索したり、店舗であれば電話での問い合わせにつながる可能性もあります。

 

 

4.ここに注意!アフィリエイト広告2つのデメリット

①アフィリエイト広告を緊急停止することができない

アフィリエイト広告のプログラムには、基本的に期間や終了日などは設定されていません。

そのため、緊急に広告を中止したい場合でも、その停止に2週間程度かかってしまいます。

例えば期間限定のキャンペーンなどにとっては、アフィリエイト広告はあまり向いていない広告手段といえます。

 

②不適切なサイト・広告内容によりブランドイメージが低下する可能性がある

アフィリエイト広告は、広告主が公開したアフィリエイトプログラムに対し、アフィリエイターが提携申請を行うことによって掲載が始まります。

しかし、アフィリエイターサイト自体のコンテンツや広告掲載の内容をきちんとチェックしないと、

そこに不適切な内容が含まれていた場合、自社のイメージダウンにつながってしまいます。

とはいえ、すべてのサイトを手動で承認するのは煩雑なので、特定のカテゴリーに属するサイトのみを自動承認するという形をとるのがおすすめです。

 
 

5.まとめ:アフィリエイト=中長期的・安定的な広告手段!

いかがでしたでしょうか。アフィリエイト広告は、ASPに依頼さえできれば誰でも簡単に始めることができます。

肝心なのは、利益が出ないからといって短期間で運用をやめないことです。

アフィリエイト広告は、開始してすぐに売上が上がるものではなく、アフィリエイト広告パートナーサイトが徐々にプログラムへ登録をしてくれて、中長期的に売上が増えていく広告モデルです。

逆に、コツコツ運用してアフィリエイターが増えれば安定的に利益を得ることができます。

多くの企業で導入されている広告手段なので、まだ未導入であればぜひ導入を検討してみてください。